【Xperia10 III】価格やデザイン・スペック|ドコモ・au・ワイモバイルから発売

Androidスマートフォン

Xperia10 IIIが2021年6月18日ドコモ/auから発売開始されました。ワイモバイル少し遅く、7月2日発売予定です。ソフトバンクの替わりにワイモバイルなんですね。

この記事では、価格やデザイン、カラーやスペックがわかります。どこのキャリアが一番安いか比較しております。

■スマホの料金プランが気になる方は関連記事をご覧ください。

「povo」の最新料金プランの解説

「au」最新料金プランの解説

「LINEMO」の最新料金プランの解説

楽天モバイル最新料金プランの解説

「UQモバイル・くりこしプラン」最新料金プランの解説

「ワイモバイル・シンプルプラン」最新料金プランの解説

Xperia10 III|発売日&価格

Xperia10IIIの発売日と価格を各社ごとにまとめましたので以下を確認してください。

キャリア発売日価格
ドコモ2021年6月18日(金)51,480円(税込)
au2021年6月18日(金)53,985円(税込)
ワイモバイル2021年7月2日(金)58,000円(税込)

6月18日よりドコモとauから発売開始されました。遅れて一週間7月2日(金)よりワイモバイルより発売開始。

価格は割引が無い状態なら、ドコモが2021年6月時点では最安となってます。しかし7月2日から発売されるワイモバイルでは乗り換えキャンペーンを行ってます。

★ワイモバイル 新規/他社から乗り換えの場合→18,000円割引/機種変の場合→7,200円割引

定価新規/他社から乗り換え機種変
58,000円(税込)40,000円(税込)50,800円(税込)

キャンペーンを適用すればワイモバイルが最安となってます。

夏のPayPay祭りが2021年7月1日(木)から2021年7月25日(日)まで始まります!期間中ワイモバイルへ契約するとPayPayボーナスプレゼント!せっかくなんでこの機会に

\キャンペーンページはこちら/ 

★割引適用なしなら最安のドコモ

★au公式サイトはこちらから

Xperia10 III|デザインとカラーバリエーション

ドコモ限定カラー

Xperia10 III外観です。今までXperiaを使っていた方にはおなじみのXperiaデザインです。Xperia10IIIはミドルエンドモデルという位置づけですが、ハイエンドモデル「Xperia1 III」と外観のデザインは近いものがあります。細かく言えば違いは大きいのですが、5Gだったり、3眼カメラだったりとライトユーザーには、パッと見て違いに気づきにくいと思います。

Xperia1 III

次にカラーバリエーションです。

カラーバリエーション 4種類+ドコモ限定イエロー1種類

■Xperia10IIIカラーバリエーションは4+1

ドコモ限定 イエロー

・ブラック

・ピンク

・ブルー

・ホワイト

4色展開となっており、+ドコモ限定カラーの構成です。今回は濃い色目ではなく、割と軽いカラーとなってます。どれが好みの色かじっくり選んでください。

ドコモ限定 イエロー

落ち着いたトーンのブラック

鮮やかなピンク

透明感のあるブルー

清潔さを感じるホワイト

Xperia10 III|スペック

Xperia10 IIIはミドルスペックという位置づけで価格もミドルクラスの5万円台です。

2021年7月発売のハイエンド機「Xperia1 III」は15万円台と価格もハイエンドです。ハイエンド機と比べてしまうとスペックはもちろん劣りますが、それでも必要十分な性能です。

■Xperia10 III スペック

カラーブラック・ホワイト・ブルー・ピンク 
イエロー(ドコモ限定カラー)
サイズ68mmx154mmx8.3mm
重量169g
バッテリー容量4500mAh
OSAndroid11
CPUSnapdragon690
メモリ6GB
ストレージ128GB
外部ストレージ最大1TB
ディスプレイ6.0インチ
カメラメイン
16mm 超広角 800万画素 
27mm広角  1200万画素
54mm望遠  800万画素
フロント
F.2.0 800万画素 
防水/防塵防水(IPX5/IPX8)、防塵(IP6X)
おサイフケータイ
イヤホンジャック3.5mm

Xperia10IIIは持ちやすさ抜群

6インチと大画面なのに持ちやすいのはXperiaの特徴ですね。

画像はXperia5IIですが、持ちやすさは同じ

Xperia10III|ディスプレイ

有機ELディスプレイ搭載です。この有機ELディスプレイはかなり発色が良く画面が綺麗です。明るいところはより明るく、暗いところはよりくらい表現が可能。自然に違い画像で表示されます。

2画面に対応

Xperia10IIIは画面を二分割できます。例えば地図アプリとインターネットで調べものをしたり、例えばYouTubeを楽しみながらTwitterを見たり。

筆者も歴代のXperiaを使用してますが、ほぼ毎日分割機能を使ってます。大変便利な機能で、特にiPhoneから乗り換えて使うと恩恵を感じます。この機能、割と知らない方も多いので是非この機会に使ってみてください。

Xperia10 III|カメラ性能

Xperia10IIIのカメラは3つ。1200万画素の広角27mm、800万画素の超広角16mm、同じ800万画素の望遠54mmの三眼レンズです。自撮りで使うフロントレンズは800万画素となってます。

上位モデルの「Xperia1 III」「Xperia5 II」に搭載されいてるphotographProは搭載されていません。

超広角16mm800万画素
広角27mm1200万画素
望遠54mm800万画素

夜景も簡単に撮影できる広角レンズ

Xperia10IIIのカメラ性能は、ハイエンドほど詳細な設定はできないものの、簡単に誰でも綺麗に撮影できます。明るく撮影できるレンズ(F1.8)でノイズ低減技術を搭載し、夜景を綺麗に撮影できます。

ただし夜景モードは広角レンズのみです。

ペットも簡単に撮影

プレミアムオートが「ペット撮影」に対応しました。

自動で犬や猫を認識して、シャッタースピードやISO感度を調整してくれます。

ペットは動きが激しいですが、ブレず綺麗に撮影できるカメラです。

※犬や猫は認識しますが、他の動物は検出されないそうです。まあある意味凄い。

★割引適用なしなら最安のドコモ

★au公式サイトはこちらから

Xperia10 III|まとめ

Xperia10IIIはいわゆるハイエンド機ではく、ミドルレンジという位置づけ。上位モデルのXperiaらしい高性能な機能はありません。

価格もハイエンド機の三分の一で購入できる、素晴らしくまとまった端末です。

初心者でも簡単に綺麗な写真が撮影でき、6インチの大画面で調べ物や動画視聴もできる、まとまった機種だと思います。機能にこだわったマニアはハイエンドの方が満足できますが、スマートフォンに慣れていなくても簡単に色々と使うことが出来るXperia10 IIIは素晴らしい仕上がりだと感じました。

Xperia10IIIはドコモ・au・ワイモバイルから発売

★割引適用なしなら最安のドコモ

★au公式サイトはこちらから

★ワイモバイル公式サイト

Sauce:Sony「Xperia10III」公式

■関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました