【Sony WF-1000XM3】中古の高級イヤホンレビュー|今が買い!|

スポンサーリンク
ガジェット

2021年6月25日、SonyからWF-1000XM4が発売されました!とても素晴らしいワイヤレスイヤホンです。

しかし、値段が【33,000円】という設定。高いなぁと思ってますが、この値段妥当ではないかと思います。僕は買えませんでした!

そこで、新しいイヤホンが発売されてということは、前のモデルが中古市場に流れてくるという事です。

早速、前モデル【WF-1000XM3】を購入したので、レビューしていきます。今回は【中古】という視点から、記事を書いていこうと思います。

結論からいえば【中古で十分だが、金があるなら新しいWF-1000XM4を買った方が幸せ】です。

当たり前といえば当たり前ですが、新型の新品が良いに決まってます(たぶん)

■この記事を読むと有意義な方

「中古を検討している」

「中古ってどうなの?」

「中古だし汚そう」

「バッテリーや傷が気になる」

あくまでも中古を検討している方向けの記事です。新型を購入できる方は新型をおすすめします!

一応新型とスペックを比較しますが、あくまでも中古を購入しても幸せになりますよ!という話になります。

WF-1000XM3のスペックをおさらいしましょう。初めて検討している人は、じっくり確認しましょう。

■スマホの料金プランが気になる方は関連記事をご覧ください。

「povo」の最新料金プランの解説

「au」最新料金プランの解説

「LINEMO」の最新料金プランの解説

楽天モバイル最新料金プランの解説

「UQモバイル・くりこしプラン」最新料金プランの解説

「ワイモバイル・シンプルプラン」最新料金プランの解説

スポンサーリンク

WF-1000XM3のスペック

型式密閉、ダイナミック
ドライバーユニット6mmドーム型(CCAWボイスコイル採用)
マグネットネオジウム
質量約8.5gx2
ヘッドホン部
電源DC3.7V 内蔵充電式リチウムイオン電池
充電方法USB充電(ケース仕様)USB-C
充電時間約1.5時間
電池持続時間
(連続音声再生時間)
最大6時間(NC/on)最大8時間(NC/off)
電池持続時間
(連続通話時間)
最大4時間(NC/on)最大4.5時間(NC/off)
電池持続時間
(待受時間)
最大9時間(NC/on)最大15時間(NC/off)
マイクロホン部
型式エレクトレットコンデンサー型
指向特性全指向性
有効周波数帯域50Hz-8,000Hz
付属品
USBケーブルUSB TypeCケーブル(約20cm)
Bluetooth
通信方式Bluetooth標準規格Ver.5.5
出力Bluetooth標準規格 PowerClass1
最大通信距離見通し距離約10m
使用周波数帯域2.4Gz帯
対応コーデックSBC,AAC

WF-1000XM3|主な特長

一言でいうと【ノイズキャンセリング性能と高音質】

高性能なノイズキャンセリング性能

WF-1000XM3に搭載されているノイズキャンセリングプロセッサーQN1eは、省電力ながら高性能なノイズキャンセリング処理を可能にしたことで、さまざまな環境においてもノイズを気にせず、高音質に浸れます。

360 Reality Audio認定モデル

簡単に言えば、全方位から聞こえる処理です。「Headphones Connect」というアプリを使えば、自分の耳の形を撮影して、ヘッドホン特性に最適化し、よりリアルな臨場感を楽しめるそう。

ここまで、ざっくりWF-1000XM3の説明をしてきました。次から実際に中古のWF-1000XM3を写真と共にじっくり確認していきましょう。

WF-1000XM3|中古のメリットデメリット

中古のイヤホンを購入する前に、メリットとデメリットを知っておきましょう。中古だからといって、ネガティブなイメージがありますが、しっかり手入れが行き届いていれば、特に問題ない商品も多いので、この辺りを解説していきます。

〇 安価で購入できる

中古イヤホンの最大のメリットと言っていいでしょう、価格が安いということです。全て揃っているもの、箱が無いもの、取説がないもの、などなど様々な状態で売っている中古のイヤホン。WF-1000XM3も同様です。様々な状態で販売しているので、安かったりしますが、このあたりはデメリットにもつながるので後ほど解説します。

あと、中古を取り扱っているショップなどで販売しているところもあり、中古市場で数多くの商品を探す事ができます。またこうした中古を取り扱っているショップでは、値引き交渉はできませんが、フリマアプリでは値段交渉できる出品者もいるので、運が良ければ市場価格より安く購入できるので、活用すれば安く購入できます。

WF-1000XM3が安く買える

WF-1000XM4の発売開始と同時に、WF-1000XM3は、ひとつ前のモデルになってしまいました。いわゆる型落ちってやつです。

とは言え、WF-1000XM3は2019年7月13日発売の商品で、この記事を書いている2021年6月ではまた2年落ちです。新しいWF-1000XM4の方が新しく、WF-1000XM3から改良され更に良くなってますが、まだまだWF-1000XM3でもいけます。しかも安く購入可能。

WF-1000XM3の中古なら8,000円台~で新品でも2万円ちょいくらいです。ちなみに2021年6月に発売された新しいWF-1000XM4は33,000円(税込)2021年6月時点

■中古販売はソフマップの「リコレ」で

ソフマップの中古専門サイト「リコレ!」

WF-1000XM3|中古を購入してみた。

中古のWF-1000XM3を購入しました。購入した時の価格は13,000円ほど。

中古商品ランク B :良品 というランクの物をチョイス

リコレのランクBは「キズ・汚れなどがありますが、動作・機能には問題の無い、状態の良い商品」とありました。

筆者が購入したサイトはこちら↓ ↓ ↓

ソフマップの中古専門サイト「リコレ!」

実際に箱から中身まで見てみましょう。

右上の先っちょが少し凹んでいる

箱は写真で見るより綺麗でした。角が少し凹んでますが、中身には支障はありません。

画像が暗くなってしまいましたが、綺麗に箱に収まっております。充電ケースが若干傷がみられます。もう少し具体的に確認してみましょう。

こうしてみると中古感が漂ってますが、あくまでも中古なので仕方のない部分かな。筆者は許容範囲でした。人によっては評価が分かれるかも。

受電ケースを拡大しました。傷が目立ちますね。ケースはしっかり充電できれば問題ないので、まだまだ余裕で許容範囲でした。

パカッと中を確認。充電する部分など不具合はありませんでした。しっかり受電できました。

バッテリーも100%まで充電できたので、バッテリーの問題はありませんでした。このバッテリーの具合は、正直購入前にしっかり確認したほうが良い部分。特にBluetoothイヤホンはバッテリーが肝です。

USB-C端子で充電できます。こちらも問題ありませんでした。ピントが甘くてすみません。

イヤーピースはしっかり揃ってました。二つ欠けているのは、既に使っているからです。

このイヤーピースは使用前にアルコール消毒などで綺麗にしてから使用すれば、特に問題ないと思います。中古ショップで購入の場合は、しっかり消毒してくれてます。フリマアプリなどでは自分でやったほうが無難かな。

まあどちらにしても、届いてから一度アルコール消毒した方が気持ち良く使えそう。

イヤホン本体は、綺麗でした。両方落とした形跡は無かったです。

筆者の場合、充電ケースに傷がありましたが、それ以外は綺麗で問題ありませんでした。

中古商品ランク B :良品 

「キズ・汚れなどがありますが、動作・機能には問題の無い、状態の良い商品

購入前に確認しましたが、おおよそ情報通りの結果だと思います。

注意点として許容できる範囲は人によって違うと思うので注意が必要ですね。

次に中古のイヤホンを購入する際に気を付けるポイントです。

WF-1000XM3の中古を購入する際に気を付けるポイント

同じ商品でも中古の価格は大きな差が生まれます。ちなみにWF-1000XM3の価格は8,000円~20,000円前後と随分と幅があります。

中古ショップで買う場合やフリマアプリで購入する際に気を付けるポイントがあります。この章では予め購入前に注意点を理解しておくことで、購入後のトラブルが起こる可能性を極力下げることがポイントです。

フリマアプリで購入する際に気を付けるポイント①補償が期待できない

フリマアプリで出品しているのは、ほとんど個人ユーザーだと思います。法人の出品もありますが、ここでは個人が出品している場合の注意点です。

いわゆる個人売買という形なので、何か不具合があった場合でも補償が期待できない場合が多いです。

購入後、中古イヤホンに不具合があった場合、しっかり誠意をもって対応してくれる方ばかりではないということです。

フリマアプリで購入する際に気を付けるポイント②価格相場を確認

フリマアプリの出品価格は、出品者が自由に価格設定できるのがポイントで良い部分でもあります。しかし出品者は1円でも高く売りたいと思うため、中古ショップより高値で販売している出品者も多くいます。しかし高く売りということ自体は悪い事ではありません。なぜなら、レアな商品なんて元々の発売価格より高いなんてことは良くあります。いわゆるプレミアム価格ってやつです。

こういった価格に関しては、しっかり市場価格相場を調べる事で防げます。

フリマアプリで購入する際に気を付けるポイント③発送方法を確認

ここまで注意点を書きましたが、最後に盲点である【発送方法】です。色々と気を付けて購入したと思ったら、届いた商品が破損していた!なんてことは良くある事例です。

こういった場合、発送方法によっては保証される場合とされない場合があるということを理解しておくと個人売買で購入しても一つ安心が増えます。

例えば、「メルカリ」の場合ですが、「らくらくメルカリ便」「ゆうゆうメルカリ便」などのサービスは、運送時の破損は補償対象になってます。つまり発送時の破損リスクを下げることができます。

注意点として、商品を確認する前に「受取完了」や届いた商品の破損を発見した場合焦って「キャンセル」をしてしまった場合は、事務局のサポートが困難になるそうなので、破損を発見したらまず「事務局」に連絡することをおススメします。

フリマアプリで購入する際に気を付けるポイント|まとめ

フリマアプリなど個人売買で購入する際は、以下の事に気を付けてもらえれば、多少のリスクは下がると思います。ただ最終的に判断するのは購入者なので、その辺りは十二分に気を付けてください。当サイトでは補償しないのであしからず!

★型番や付属品の確認

型番や付属品の確認は重要です。欲しかった商品で安いな~って思って確認すると実は古いモデルだったりすることはよくあります。付属品もあとから購入することを考えると、結局割高になってしまうこともあります。購入前に型番や付属品の有無をしっかり確認しましょう。

★出品者の評価を確認する

出品者の評価を確認して、取引実績が多く、尚且つ高評価が多い出品者は安心できる材料の一つです。鵜呑みにしてしまい過ぎても怖いので注意が必要。

★説明欄に記載されている内容を確認すること

説明欄にしっかり説明されているか確認。中には【ジャンク品】と書いてある場合もあり、動作保証していないものもあります。破損の際は保証してくれそうなのか情報は少しでも多い方が安心できるので、内容の確認はしっかりしましょう。

中古サイトと料金を比較

フリマサイトで欲しかった商品があった場合、何も考えずに購入してしまうと、実際の相場が思っている以上に安かったりしている場合があります。また中古ショップの価格の方が安い場合も多くあります。中古ショップは保証などしっかりしているので、フリマアプリと中古ショップが同じ価格なら中古ショップをおすすめします。

★発送方法を確認

欲しいものが安く購入でき、満足して到着を待っていたら、届いた商品が破損していた!というトラブルも多くあります。保証が付いている発送方法以外では事務局のサポートが受けれないので、フリマアプリで購入する際は発送方法を確認しましょう。

余談ですが、発送方法以外にも「発送までの日数」を確認してください。入札後、なかなか発送してくれない人も多いので、早くほしい人は発送までの日数を確認するか、出品者に確認することが大事です。

★動作を確認するまで「受取」ボタンを押さない

フリマアプリでは商品を到着後、すみやかに「受取」を済ませてください!というルールがあります。もちろん届いてからなるべく早めに「受取」を済ませるのがマナーです。

しかし、届いた商品を確認してから「受取」を行ってください。なぜなら破損やトラブルがあった際に事務局へ報告前に「受取」や「キャンセル」をおこなってしまうとサポートが受けられなくなる可能性があります。

フリマアプリは「受取」をするまでお金が支払われないシステムなので、取引完了をしてしまう「受取」は、しっかり動作確認してから行ってください。問題なければ速やかに「受取」ボタンを押しましょう。

中古ショップなど専門店で購入する場合の注意点

中古ショップや中古専門店で購入する際の注意点は、フリマアプリより少なめです。破損があった時の保証や交換など、殆どの業者が対応しています。

また商品状態の目安としてランク付けしてくれているので購入の際、大変参考になります。

ただし、ランク付けもショップによって様々なので注意が必要です。

中古ショップで購入する際の注意点をまとめました。

中古ショップで購入する際の注意点①ランク表記を鵜呑みにしない

中古ショップで購入する際、参考になるランク付け。会社によってランク付けの基準が違う事を頭に入れておいてください。

例えば「ランクA」と記載があれば、何となく安心しますよね。しかしショップによっては「S」が最高ランクだったりします。中古ショップを利用する際は、ランク表記の説明書きを確認することである程度基準がわかるので、しっかり確認しましょう。

中古ショップで購入する際の注意点②補償の確認

中古ショップとはいえ、会社ごとに補償内容が違います。例えば、ジャンク扱いの場合は保証がなかったりします。メーカー保証の有無なども記載があれば尚良しとします。

故障や破損があった場合、速やかに交換、若しくは返金対応してくれる会社が多いです。こういった保証があるというところが中古ショップを選ぶメリットといえます。

中古ショップで購入する際の注意点③付属品の有無

中古ショップでも状態が悪かったり、付属品が無い場合、相場より安く価格設定していることが多いです。価格が安いからといって付属品が付いていない場合、あとから追加購入すると結局高くなってしまう場合があります。あと、箱なしだったりする場合もあります。箱がないと商品が押されて場合、破損や傷がつく場合があります。あと要らなくなった時、買取価格にも影響します。できるだけ箱は合ったほうがいいとおもいます。

筆者が購入しているショップはソフマップの「リコレ」

ソフマップの中古専門サイト「リコレ!」はビックカメラグループの新品や中古デジタル家電量販店「ソフマップの中古通販サイトです。 リコレ!ソフマップの中古通販サイト

中古品を購入する時は、信頼できるショップを選ぶことから始まります。

リコレでは、今回紹介したWF-1000XM3の他、中古パソコンやiPhoneなどさまざまな中古品を取り扱っています。

筆者がよく利用するソフマップとリコレ!について少し説明していきます。

リコレ!で中古イヤホンを購入する3つのメリット
  • 中古イヤホンなのに保証が充実している
  • 360度回転画像で詳細まで確認できる
  • 商品到着日より10日以内に連絡すれば、使用後でも全額保証

通販の中古イヤホンなのに保証が充実している

中古という特性上、完全な商品はなく、個々に状態は違います。リコレ!では商品到着日より10日以内に連絡すれば、使用後でも商品代金を全額返金してくれます。

つまり到着日から10日以内であれば全額保証してくれるそうです。こういう保証はとてもありがたいですよね。ただ条件もあります。

①返品の際の送料は顧客が負担

②領収書が必要

③未開封や未使用品の返品は不可能

④ジャンクと記載がある商品

また、初期不良については商品到着日より1か月以内の場合、返品(キャンセ)対応が可能です。

こういった初期不良がある場合でも1か月も保証してくれるのも安心できます。

ソフマップの中古専門サイト「リコレ!」はこちらから

2021年6月発売の新型はこちら

■スマホの料金プランが気になる方は関連記事をご覧ください。

「povo」の最新料金プランの解説

「au」最新料金プランの解説

「LINEMO」の最新料金プランの解説

楽天モバイル最新料金プランの解説

「UQモバイル・くりこしプラン」最新料金プランの解説

「ワイモバイル・シンプルプラン」最新料金プランの解説

スポンサーリンク
この記事を書いた人
のこしち

のこぶろ-NokoBLOG-管理人「のこしち」です。
スマホ料金に詳しいガジェット好き/スマートフォン/生活用品など割と雑記ブログ的な感じに執筆中。

のこしちをフォローする
ガジェットヘッドフォン&イヤホン家電
スポンサーリンク
のこしちをフォローする
NokoBLOG

コメント

タイトルとURLをコピーしました