【新型Switch誕生】有機ELで2021年10月8日(金)発売開始|旧モデルとの違いを解説

スポンサーリンク
ガジェット

2021年7月7日突然発表されました【新型Switch】。旧モデルと何が違うか確認してみました。

買うか買わないかはあなた次第。

徐々に更新していきますので、気になっている方はまた来てください!

スポンサーリンク

任天堂Switch (有機ELモデル)概要と旧モデルとの比較

       新型Switch旧SwitchSwitchLite
価格37,980円(税込)32,978円(税込)21,978円(税込)
ディスプレイ7.0インチ6.2インチ5.5インチ
ドックX
保存メモリ64GB32GB32GB
重量420g398g275g
サイズ縦/横/厚さ
102/242/13.9mm
縦/横/厚さ
102/239/13.9mm
縦/横/厚さ
91.1/208/13.9mm
モードTVモード/テーブルモード/
携帯モード
TVモード/テーブルモード/
携帯モード
携帯モード
遊べるソフト全て全て携帯モードに対応したソフト全て
Joy-Con
1セット付属

1セット付属
X
付属していない
有線LAN端子
付属のドックに有線LAN端子搭載
X
有線LAN非搭載
別売「USB有線LANアダプター」で有線LAN接続可能
X
有線LAN端子は非対応
カラーホワイト/ネオンブルー・ネオンレッドネオンブルー・ネオンレッド/グレーイエロー/グレー/ターコイズ/コーラル/ブルー
バッテリー約4.5-9.0時間約4.5-9.0時間約3.0-7.0時間

任天堂Switch 新旧モデル比較|本体保存メモリ

Switch(有機EL)SwitchSwitchLite
本体保存メモリ64GB32GB32GB

本体の保存メモリは2倍になりました。

よりたくさんのソフトをダウンロードして遊べるようになります。従来のモデルはすぐメモリ一杯になってしまうんですよね。

任天堂Switch 新旧モデル比較|ディスプレイ

左が新型モデルで右が旧型です。ベゼルが狭くなりよりワイドな映像が楽しめますね。なんといっても新型Switchは有機ELディスプレイ採用され、色表現が鮮やかになり、より綺麗な映像が楽しめそうです。気になるはバッテリーの持ちです。

任天堂Switch 新旧モデル比較|バッテリー持続時間

有機ELになると、バッテリーの持ちが気になるところです。少し比較してみましょう。

Switch(有機EL)SwitchSwitchLite
バッテリー持続時間約4.5-9.0時間約4.5-9.0時間約3.0-7.0時間

ビックリなのは、有機ELになってもバッテリー持続時間は変わりませんでした。これは凄いです。

SwitchLite君はバッテリーの大きさも違うため、持続時間は少ないです。

ゼルダの伝説 ブレス オブ ワイルドでは約5.5時間という公式の見解でした。

任天堂Switch 新旧モデル比較|スタンド

従来は貧弱そうな背面スタンドでしたが、ごっつくなりました!

「フリーストップ式」のワイドスタンドを採用し、見やすい角度で画面をしっかり固定できるようになりました。これで安定しそうです。最初からこうしておけば・・・

任天堂Switch 新旧モデル比較|有線LAN端子追加

任天堂Switch(有機ELモデル)付属のドックには2つのUSB端子とテレビに接続するためのHDMI端子と新たに有線LAN端子が追加されました。オンラインで対戦するゲームなど安定した通信をするためには有線が欠かせませんね。

任天堂Switch 新旧モデル比較|スピーカー

新型のSwitchは、スピーカーが新しくなりました。従来より音質も向上し、クリアなサウンドで楽しめるようになったとのことです。

音質向上は嬉しいですね。TVモードだと関係ありませんが。

任天堂Switch 新旧モデル比較|変更がなかった機能

  • 3つのプレイモード(TV、テーブル、携帯)
  • Joy-Con
  • HD振動(付属Joy-Con)
  • モーションIRカメラ
  • 遊べるソフトは変化なし

3DSLLが発売されたときは、専用ゲームなどありましたが、今回のSwitch有機ELモデル専用ゲームは今のところないそうです。

任天堂Switch 新旧モデル比較|価格差は5,002円~16,002円

Switch(有機EL)SwitchSwitchLite
価格37,980円(税込)32,978円(税込)21,978円(税込)

新型のSwitch(有機EL)とSwitchの価格差は5,002円(税込)でSwitchLiteとの差額は16,002円です。

従来モデルとの価格差は約5,000円ということですが本体メモリが2倍、有機ELということを考えれば価格差は妥当でしょう。

SwitchLiteと比較した場合は、約16,000円と結構な差ですね。携帯モードでしか遊ばない方は、価格差もあるので、購入は要検討といったところでしょうか。

新型Switch(有機ELモデル)予約開始は2021年9月下旬から

予約が開始されたらこちらでも紹介します。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
のこしち

Appleデバイスを中心にレビューしてます。iPhone3GからiPhoneユーザーになりました。当初iPhone使ってると変わり者扱いだったなぁ。Appleの新商品や使い方など、Apple製品を使うと生活が豊かになれるような情報を発信してます。
Android系やスマホ料金など、スマートフォン関連の記事もあります。
当メディアは、Amazonアソシエイトとして適格販売により収入を得ております。

のこしちをフォローする
ガジェット
スポンサーリンク
のこしちをフォローする
スポンサーリンク
ガジェノコ

コメント

タイトルとURLをコピーしました