【UQモバイル最新料金プラン】くりこしプランに向いている人、向いていない人|「povo」や「ワイモバイル」との比較

Androidスマートフォン

今回の記事は、UQモバイル「くりこしプラン」に乗り換えるか考えている人向けの記事となってます。

実際に「UQモバイル」やauの新サービス「povo」が発売され

「どっちにしようか迷っている」「双方の違いがわからない」といった疑問を解決できるように記事にしました。

何も知らず乗り換えてしまった場合、「こんなはずではなかった・・・」など後悔してしまわないように情報を見てからしっかり考えて決断することをおススメします。

UQモバイルからiPhone11発売開始!

——————————————————————————————–

最近は各キャリアの格安新サービスに押され気味のUQモバイルです。それもそのはず同じauからサービスが開始している「povo」が注目されている現状です。少し「povo」について復習を。

2021年3月21日よりスタートしたauの新サービス「povo」。このサービスは1か月20GB/2,728円(税込)/というシンプルなプランに「トッピング」という形で自分が使いたいサービスを選んで使う料金プランとなってます。いわゆるオプションって感じです。

「povo」「トッピング」サービスはとても魅力的で、ユーザーからの期待値も高いです。

★通信データをたくさん使いたい時用のトッピング

「データ使い放題24時間」220円(税込)その名の通り24時間限定の使いたい放題

「データ追加 1GB」550円(税込)1か月分20GBを超えてしまった時、必要な分だけデータを追加

★電話をよくかける方におススメ

「5分以内通話かけ放題」550円(税込) 1回5分以内の国内通話がかけ放題

「通話かけ放題」1,650円(税込)国内通話がかけ放題

こういったトッピングシステムなどが注目されています。

そんな中、UQモバイルは目新しいプランはありませんが、「povo」と比較した場合、UQモバイルの方が合っている方もたくさんいらっしゃいます。

今回の記事ではUQモバイルに向いている人、向いてない人に焦点を当てながら、UQモバイルと近い他のサービス「ワイモバイル」や2021年3月から始まったauのサービス「povo」などと比較してみようと思ってます。

もし、現在色々と検討中であれば参考になると思いますので、良かったら最後まで読んでいただけると幸いです。

■関連記事

ワイモバイルの最新料金プラン「向いている人」「向いていない人」

本記事の結論

・一人で料金を安くして使いたい人は「UQモバイル」

・ゲームや動画視聴、SNSを楽しみたい人は「povo」

・家族など複数で使い、割引を使って安く使い人は「ワイモバイル」

UQモバイル|povoとUQモバイルくりこしプランを比較して違いを確認

2021年に入ってから、ドコモ、au、ソフトバンク各社から魅力的なプランが発売されました。

大手キャリア格安サービス
  • ドコモ     「ahamo」
  • au       「povo」
  • ソフトバンク  「LINEMO」
  • 楽天モバイル  「Rakuten UN-LIMIT VI」

この中でも、「povo」UQモバイルと同じauのサービスです。この章ではまず「povo」UQモバイルのサービス「くりこしプラン」と簡単な比較をしてみましょう。

UQモバイル「くりこしプランS/M/L」 au「povo」の両社サービス面比較

UQモバイル
「くりこしプランS/M/L」
au
「povo」
通信auau
サポート
店頭/オンライン/コールセンター

オンラインのみ
通話時間無料通話分なし
「オプション」
最大60分/月550円(税込)
10分かけ放題/月 770円(税込)
かけ放題/月 1,870円(税込
無料通話分なし 
「トッピング」(オプション)
5分/回 550円(税込)/月
無制限 1,500円(税込)/月
データ繰り越し翌月に繰越×
留守番電話有料
月額418円(税込)
×
学割/シニア割有り
学割・シニア割
×
契約縛り
(2年縛りなど)
なしなし
解約解除料金なし解除料金なし
テザリング
無料

無料
キャリアメール〇有料
月額220円(税込)
×
LINE
(年齢認証)

普通に利用できますが、
「LINE ID検索が不可」

サービス面だけ比べても違いがあります。こうして比べると違いがわかりますね。

次にUQモバイルのシンプルプランを見ていきましょう。

今なら10,000円キャッシュバックキャンペン実施中/

UQモバイル|くりこしプランS/M/L

こちらではUQモバイルのくりこしプランS/M/Lの基本情報です。

くりこしプランはS/M/Lと3つのプランから構成されていて「くりこしプランS/1,628円(税込)」「くりこしプランM/2,728円(税込)」「くりこしプランL/「3,828円(税込)」です。

■povoのプラン

月額 2,728円(税込)

通信量 20GB

とてもシンプルです。

この「くりこしプラン」ですが、特徴としてその月に余った分のデータは、翌月までくりこすことができるとった感じです。

余ったデータの翌月くりこし UQモバイルは可能だがpovoは不可能

UQモバイルのくりこしプランはその名の通り、あまったデータは翌月へくりこしできます。

余った分のデータ容量は、翌月まで繰り越せるという事です。

まあこのネーミングでくりこせなかったら突っ込みどころですけどね~

ただし、くりこしプランの通信量を繰り越した分の上限が決まってます。

各プランでくりこしの上限があり、「くりこしプランS」は3GB、「くりこしプランM」は15GB、「くりこしプランL」は25GBと決まっています。

「povo」はデータがあまってしまっても翌月にくりこしできません。

こういった違いが両者にあります。

くりこしプランごとの上限まとめ
  • くりこしプランS 上限3GB
  • くりこしプランM 上限15GB
  • くりこしプランL 上限25GB
  • povoはくりこしが出来ない

次に各プランで決められた通信量の上限に達した場合、速度低下について解説します。

データ通信容量を超えた場合

各くりこしプランで定められているデータ容量を超えてしまうと、速度制限が発生します。

速度制限になってしまうと、アプリやインターネット閲覧、YouTubeなど快適に使用できなくなるのがデメリットです。しかし速度制限になってしまっても、その後の通信量は無制限になるので、使い方など工夫すれば速度制限は大きなメリットになります。それでは詳しく解説していきます。

くりこしプランSは最大300Kbps、くりこしプランM/Lは最大1Mbpsまで低下してしまいます。「povo」は20GB超過で最大1Mbpsに低下します。速度が低下してもどの程度のことができるのか、できないのか確認してみましょう。

★プランによる速度低下 くりこしプランS/300Kbps ・くりこしプランM/L 1Mbps

内容300Kbps1Mbps
WEB
画像が多いと厳しいがテキストベースなら△

画像が多く、重いサイトは△
Twitter
画像や動画は厳しいが、文字だけなら△
Instagram×
画像は苦手

少し時間がかかるが△
Facebook×
LINE
メッセージや通話は〇
ビデオ通話はX 結構厳しい
テザリング△ 
アプリ
ダウンロード
アップロード
××
YouTube低画質(144p~240p)〇
それ以上は×
標準画質(480p)△~〇
それ以上は厳しいです。

★くりこしプランS 速度低下後、300Kbps

くりこしプランSは既定の通信量を使ってしまうと、300Kbpsまで低下します。ネットでニュースや簡単な記事など読むことができますが、画像など表示速度が低下します。SNSもTwitterでテキストだけなら使えますが、画像や動画の閲覧は難しくなります。

インスタグラムやフェイスブックなど画像主体のSNSですと、なかなか画像や動画が表示されないなど普通に使うだけでも厳しい状況でしょう。

LINEはメッセージや通話くらいなら快適に使用できますが、ビデオ通話などは正直難しいです。

まとめると、テキストベースなら300Kbpsで使えますが、画像や動画など通信データが多いものは難しということです。

★くりこしプランM/L 速度低下後、1Mbps

くりこしプランM/Lは速度制限されると1Mbpsに落ちます。しかし、ネットや軽い画像や低画質~中画質まである程度快適に使用できます。SNSもTwitterは普通に使用できます。インスタグラムやフェイスブックは高画質な物は表示速度が遅いなど、やはり速度制限が入る前と比べてしまうと、気になる部分ではあります。個人的な感想ですが、ライトユーザーであれば1Mbpsまで速度が低下しても概ね困る場面は少ないと思います。

まとめると、ライトユーザーなら問題なく普通に使える速度です。自宅やフリーWi-Fiなどうまく立ち回れば、十分満足できると思います。

UQモバイルの節約モード(300Kbps/1Mbps)で動画視聴の快適さを比較レビュー! プランS(300Kbps)&プランR(1Mbps)+速度測定(スピードテスト)

■速度制限時のまとめ

プランの規定データ量に達すると、速度制限が起こります。ただし、通信制限後は制限が無制限になります。つまり速度制限はされますが、どれだけ使用しても定額となります。

・くりこしプランS 300Kbps

テキストベースでのweb閲覧やLINE・Twitter(テキスト)など軽い作業であればOK

YouTubeも低画質であれば、鑑賞できます。

・くりこしプランM/L 1Mbps

画像があるwebやLINEやTwitterは概ね普通に使用できますが、インスタグラムやフェイスブクなどデータ量の多い画像や動画はやっぱり厳しいことも。YouTubeなどは低~中画質くらいまで普通に鑑賞できます。

UQモバイル|通話 30秒22円(税込)UQとpovo どちらも従量制

国内通話料金は、30秒22円(税込)で、従量制です。これは「UQモバイルくりこしプラン」「povo」ともに同じです。

通話を頻繁に行う方は、通話オプションの検討をおすすめします。

■UQモバイル「くりこしプラン」通話オプション

「povo」トッピングサービスの一つ、通話オプション

「povo」「トッピング」サービスはとても魅力的で、ユーザーからの期待値も高いです。

★通信データをたくさん使いたい時用のトッピング

「データ使い放題24時間」220円(税込)その名の通り24時間限定の使いたい放題

「データ追加 1GB」550円(税込)1か月分20GBを超えてしまった時、必要な分だけデータを追加

★電話をよくかける方におススメ

「5分以内通話かけ放題」550円(税込) 1回5分以内の国内通話がかけ放題

「通話かけ放題」1,650円(税込)国内通話がかけ放題

では、両者通話オプションについて表で比較してみます。

毎日通話する方は、何かしらの通話オプションは必須だと思います。UQのくりこしプランだと毎日通話する場合、「10分かけ放題」povoだと「5分以内通話かけ放題」がおススメです。

メールアドレス|UQモバイルは独自メールアドレスがあるが、povoはなし

UQモバイルは「@uqmobile.jp」というアドレスがあります。しかし有料のサービスです(月額220円のオプション扱い)「povo」はそもそも独自で提供しているメールがありません。

Googleの「Gmail」など使えばキャリアメールは必要ないとは思いますが、いままで「ドコモ」「au」「ソフトバンク」にあるキャリアメールを使っていた方は、必要になることも想定されます。

先ほど書いた「Gmail」で代用できればいいのですが、「Gmail」はパソコンのメールに分類されるため、受信拒否などしている人も多くいて不便な場合も考えられます。

また学校の行事などで使っている人は、もしかしたらキャリアメールでないと使いにくい方もいらっしゃるとおもいます。そういった方は「UQモバイルのくりこしプラン」でキャリアメールオプションをおススメします。

ちなみにですが筆者は、「Gmail」だけで使ってますが、特別不便になったことはありません。

キャリアメールのデメリット

現代では、キャリアメールを使うメリットは殆どありません。逆にデメリットがあり、キャリアメールは現在契約している会社を解約してしまうと、使えなくなってしまいます。この際、キャリアメールは使わないで、「Gmail」などに乗り換えると便利になるのでおススメです。

UQモバイル公式 メールサービスの詳細

割引について UQモバイルは割引サービスあり、povoはありません

割引サービスですが、「UQモバイル」は「UQ学割」「60歳以上通話割」の2種類。「povo」は割引サービスがありません。こういった部分も「povo」は若い世代が一人で使うことを想定しているサービスというところが伺えますね!

※UQ学割 「くりこしプランS」で学割サービスを受けると適用期間が8か月と短くなり、9~12か月の期間はくりこしプランMと同じ価格になります。できたら「くりこしプランM」を選ぶ方がお得です!

UQモバイル公式 割引の詳細

端末販売 UQはiPhone11も!povoの端末販売は今のところなし

UQモバイルでは、端末の販売を行っています。「povo」は2021年5月現在は端末の販売はしておりません。

2020年モデルのiPhone11が取り扱い開始。いまだ高性能iPhoneなので、筆者も愛用しているのでおすすめです。

UQモバイルでiPhone11を見てみる

■関連記事

auでは、iPhoneの認定中古品も取り扱っております。まだまだ現役のiPhone8や比較的新しめのiPhoneXRの中古品もau認定中古品として取り扱いしてます。

・iPhoneXR

・iPhone8

au Certified iPhone(認定中古品)詳細を確認

■povo端末販売がないが、使える機種は豊富 

「povo」公式サイトで発表している動作確認済みスマートフォンリスト

■iPhoneシリーズ

  • iPhone 12 Pro
  • iPhone 12 Pro Max
  • iPhone 12
  • iPhone 12 mini
  • iPhone SE (第2世代)
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11 Pro Max
  • iPhone 11
  • iPhone XR
  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • iPhone X
  • iPhone 8
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone SE (第1世代)
  • iPhone 6s
  • iPhone 6s Plus

■Androidスマートフォン

auで販売した端末

auブランドモデル

  • Qua phone QZ
  • Qua phone QX
  • Qua phone PX
  • Qua phone

Google

  • Google Pixel 5

HTC

  • HTC U11 HTV33
  • HTC 10 HTV32
  • HTC J butterfly HTV31

HUAWEI

  • HUAWEI P30 lite Premium HWV33
  • HUAWEI P20 lite HWV32
  • HUAWEI nova 2 HWV31

京セラ

  • TORQUE 5G KYG01
  • GRATINA KYV48
  • BASIO4
  • TORQUE G04
  • URBANO V04
  • BASIO3
  • TORQUE G03
  • rafre KYV40
  • miraie f
  • URBANO V03
  • DIGNO rafre KYV36
  • TORQUE G02
  • URBANO V02

LG Electronics

  • LG it LGV36
  • isai V30+ LGV35
  • isai Beat LGV34
  • isai vivid LGV32
  • isai VL LGV31

OPPO

  • OPPO Find X2 Pro OPG01

サムスン

  • Galaxy S21+ 5G SCG10
  • Galaxy S21 5G SCG09
  • Galaxy A32 5G SCG08
  • Galaxy A51 5G SCG07
  • Galaxy Note20 Ultra 5G SCG06
  • Galaxy Z Fold2 5G SCG05
  • Galaxy Z Flip 5G SCG04
  • Galaxy S20 Ultra 5G SCG03
  • Galaxy S20+ 5G SCG02
  • Galaxy S20 5G SCG01
  • Galaxy A41 SCV48
  • Galaxy Z Flip SCV47
  • Galaxy A20 SCV46
  • Galaxy Note10+ SCV45
  • Galaxy Fold SCV44
  • Galaxy A30 SCV43
  • Galaxy S10+ SCV42
  • Galaxy S10 SCV41
  • Galaxy Note9 SCV40
  • Galaxy S9+ SCV39
  • Galaxy S9 SCV38
  • Galaxy Note8 SCV37
  • Galaxy S8 SCV36
  • Galaxy S8+ SCV35
  • Galaxy S7 edge SCV33
  • Galaxy A8 SCV32
  • Galaxy S6 edge SCV31

シャープ

  • AQUOS sense5G SHG03
  • AQUOS zero5G basic DX SHG02
  • AQUOS R5G SHG01
  • AQUOS sense3 basic SHV48
  • AQUOS zero2 SHV47
  • AQUOS sense3 plus サウンド SHV46
  • AQUOS sense3 SHV45
  • AQUOS R3 SHV44
  • AQUOS sense2 かんたん
  • AQUOS sense2 SHV43
  • AQUOS R2 SHV42
  • AQUOS R compact SHV41
  • AQUOS sense SHV40
  • AQUOS R SHV39
  • AQUOS SERIE mini SHV38
  • AQUOS U SHV37
  • BASIO2
  • AQUOS U SHV35
  • AQUOS SERIE SHV34
  • AQUOS SERIE mini SHV33
  • AQUOS SERIE SHV32

ソニーモバイル

  • Xperia 5 II SOG02
  • Xperia 1 II SOG01
  • Xperia 10 II SOV43
  • Xperia 8 SOV42
  • Xperia 5 SOV41
  • Xperia 1 SOV40
  • Xperia XZ3 SOV39
  • Xperia XZ2 Premium SOV38
  • Xperia XZ2 SOV37
  • Xperia XZ1 SOV36
  • Xperia XZs SOV35
  • Xperia XZ SOV34
  • Xperia X Performance SOV33
  • Xperia Z5 SOV32
  • Xperia Z4 SOV31

Xiaomi

  • Mi 10 Lite 5G XIG01

ZTE

  • ZTE a1 ZTG01
UQモバイルでiPhone11を見てみる

テザリングについて|UQモバイル、povo共に無料

テザリングについては、「UQモバイル」「povo」ともに無料、申し込みも不要で利用できます。

※テザリングは便利な機能で主にゲーム機やパソコンで使いますが、我を忘れてデータを使い過ぎてしまう可能性があるので注意です!筆者がやっちまったので・・・

任天堂Switch「モンスターハンターライズ」で遊んでみました。回線は4Gで1時間ほどテザリングにてムレイ

・回線      4G

・プレイ時間   1時間

・通信量     45MB

テザリングによるマルチゲームは遅延する場合があるのでWi-Fiが推奨ですが、テザリングでゲームする目安としては参考になるのではないのでしょうか?

今なら10,000円キャッシュバックキャンペン実施中/

LINEについて|UQモバイルは年齢認証が出来ない povoは可能

LINEについてですが、「UQモバイル」「povo」共に使用可能ですが、「UQモバイル」ではLINE年齢認証が出来ません。ちなみに「povo」は年齢認証はできます。

この年齢認証が出来ないデメリットは、「LINE ID検索」が出来なくなります。

※LINE ID 検索が出来なくてもできること

①「トーク・スタンプのやり取り」

②「無料通話」

こういったLINEの基本的な機能は使えますが、LINEの年齢認証ができません。年齢認証をしないで使い始める場合は、年齢確認はスキップしてください。

※LINE ID 検索ができないと発生するデメリット

「友達のIDを検索・追加」

「自分のIDを友達に検索・追加してもらう」

「電話番号検索」が使えません。

次にUQモバイルでも年齢認証が出来る対応策を解説します。

LINE  UQモバイル年齢認証対応策

大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)を解約前に、LINEで年齢認証を済ませておく

乗り換える前に年齢認証は済ませておきましょう。

UQモバイル|ワイモバイルとの比較

auの「UQモバイルくりこしプラン」ワイモバイルの「シンプルプラン」どちらも大手キャリアの格安ブランドという位置づけですが、ここでは双方を比較してしみました。

内容UQモバイルワイモバイル
3GBくりこしプランS
1,628円(税込)
(割引がなし)
シンプルS
2,178円(税込)(割引なし)
990円(税込)(割引適用後)
15GBくりこしプランM
2,728円(税込)
(割引がなし)
シンプルM
3,278円(税込)(割引なし)
2,090円(税込)(割引適用後)
25GBくりこしプランL
3,828円(税込)
(割引がなし)
シンプルL
4,158円(割引なし)
2,970円(割引適用後)
容量超過時速度3GB 最大300kbps
15/25GB 最大1Mbps
国内通話基本料金30秒22円(税込)
オプション
60分/月まで550円(税込)
10分かけ放題 770円(税込)
かけ放題 1,870円(税込)
基本料金30秒22円(税込)
オプション
10分かけ放題 770円(税込)
かけ放題 1,870円(税込)

「UQモバイル」と「ワイモバイル」を表で比較してみましたが、いかがですか?

通信容量が超過した場合は、まったくおなじで国内通話に関してもほとんど同じでした。通話オプションは一部UQモバイルの方が選択範囲が広いのでユーザーにとっては選択が多いのも魅力です。

肝心のプランですが、3GB/15GB/25GBと同じようなプラン設定ですが、サービス面が違ってきます。

「UQモバイル」か「ワイモバイル」の選ぶポイントを整理してみました。

UQとワイモバイルを選ぶポイント

選ぶポイントはズバリ「割引」双方メリットはあるので、参考にしてください。

■UQモバイル

・割引がなくても安く使うことができます。

・割引があまりないのでシンプルな料金設定 

■ワイモバイル

・割引を活用できれば、UQモバイルより安く使えます。

■関連記事

ワイモバイル最新料金プランの解説

ワイモバイル版iPhone12発売開始

まとめ

本記事は「UQモバイルくりこしプラン」と「povo」と比較しながら、いずれかに乗り換えよう!と考えている方向けに書きました。

本ブログは、他にもいろいろ発信していきますので気になった方は、他の記事も読んでもらえると嬉しいです。

この記事が、参考になれば幸いです。

今なら10,000円キャッシュバックキャンペン実施中/

■関連記事

ahamoで使えない機種を解説

楽天モバイルに契約してみた。手順を実際に解説

コメント

タイトルとURLをコピーしました