【ソフトバンク最新料金プランの解説】ソフトバンク5G・LINEMO・ワイモバイルと三つ巴対決|損をしないプランとは?

Androidスマートフォン

各社新しい料金プランが始まってます。「LINEMO」やサブブランドの「ワイモバイル/シンプルプラン」など魅力的なサービスも始まりました。

そんな新しいプランも出てきてますが、まだまだソフトバンクのプランで検討している方も多いと思います。

今回の記事では、「ソフトバンク」「LINEMO」「ワイモバイル」でどれが一番損(孫)をしないプランなのか書いてみました。ソフトバンク系で検討している方が参考になる記事だと思います。

■SHARP AQUOS R6 発売記念 

キャンペーンページはこちら/ 

■他のプランも気になる方は関連記事をご覧ください。

「povo」の最新料金プランの解説

「au」最新料金プランの解説

「LINEMO」の最新料金プランの解説

楽天モバイル最新料金プランの解説

「UQモバイル・くりこしプラン」最新料金プランの解説

「ワイモバイル・シンプルプラン」最新料金プランの解説

この記事の結論|割引を含めるなら「ソフトバンクかワイモバイル」「割引なしのプランならLINEMO」

割引を適用できるなら「ソフトバンク」「ワイモバイル」になります。「LINEMO」は割引が無くても安く運用できるので、割引が適用できない方は「LINEMO」がおすすめです。

それぞれ詳しく解説していきたいと思います。

では、本記事の主役「ソフトバンク」の基本情報をみてみましょう。

「ソフトバンク」のプランは大きく分けて2つで「メリハリ無制限」「ミニフィットプラン+」です。

■関連記事

ワイモバイル最新料金プランの解説

LINEMO最新料金プランの解説

①メリハリ無制限

メリハリ無制限はその名の通りデータ通信量は無制限のプランです。毎月データ量を気にせず使えるので、ガンガン使っている方には最適なプランです。割引がないと月額7,238円(税込)割引を最大限使うと月額3,828円(税込)となり大変お得になってきます。

月間データ使用量が3GB未満なら自動的に1,650円の割引

メリハリ無制限では、月間3GB未満のデータ使用量であれば、自動的に1,650円の割引が適用されます。

とても嬉しいサービスですが、月間3GBしか使わないのならメリハリ無制限は割高になってしまうので、その辺りは考えようですね。

②ミニフィットプラン+

従量制である身にフィットプラン+は、毎月のデータ使用量によって可変する料金システムです。基本毎月データを使わないライトユーザー向けのプランです。

このミニフィットプラン+は、割引なしで契約する場合とても「割高」になる可能性があります。

「ソフトバンク」でしか契約できないライトユーザーはこのサービス一択になってしまいますが、他に乗り換えできそうならソフトバンクのサブブランドである「ワイモバイル」をおすすめします。

「ワイモバイル」はライトユーザーであれば、かなり月額を抑えることができるのでおすすめです。

■ワイモバイル 料金プラン

「ワイモバイル」の料金表ですが、割引なしで月間3GBまでなら2,178円(税込)となりミニフィットプラン+と比べても歴然です。

ミニフィットプラン+は「みんな家族割プラス」の適用がないため、割引が得られにくいです。そのためライトユーザーであれば「ワイモバイル」かなと思います。

ソフトバンク割引表

「メリハリ無制限」プランは割引を最大限に適用できると月額3,278円(税込)となりかなりお得です。割引適用は「新みんな家族割」「おうち割光セット」

次にワイモバイルの解説をしてみましょう。

ワイモバイルの料金プラン

■ワイモバイルの料金プラン

月の通信量が3GBまでで収まるのなら、「ワイモバイルのシンプルS」プランがおすすめです。ライトユーザーならこのプランで安く使えて大変おすすめです。家族割引が使えるのであれば、2回線目からは月額990円(税込)と破格の月額料金に替わります。

ワイモバイルの詳細記事は下のリンクから飛んでもらうと、より詳細に解説してます。

ワイモバイルで確認

■関連記事

ワイモバイル最新料金プランの解説

LINEMOの料金プラン

「LINEMO」は2021年にスタートしたばかりのソフトバンクのサービスです。こちらは「LINEサービス」の通信量が無制限、月間データ容量20GBという特徴をもった料金プランです。

POINT

特にLINEを頻繁に使用している方にこの「LINEMO」はおススメです。なぜならLINEギガフリーというサービスが付帯されているからです。

LINEアプリのトークや音声通話、ビデオ通話のデータ消費はゼロカウントでLINEMOの20GBの容量制限にこのLINE系に含まれないため、例えば20GB使い切ったとしても、LINE系の通信速度低下はおきません。※もちろんLINE以外は1Mbpsまで速度低下します。

あとはデメリットを確認して、問題と感じない場合は「LINEMO」検討しても良いと思います。

回線ソフトバンク
月額2,728円(税込)
月データ容量20GB
データ容量超過時
速度
1Mbps
通話22円/30秒
通話オプション1回5分かけ放題 550円(税込)
かけ放題   1,650円(税込)
割引×
5G対応済
キャリアメール×
テザリング無料 
サポートオンラインのみ
契約オンラインのみ
解約違約金等なし

■LINEMO「LINEギガフリー」対応一覧

対象対象外
・Face Play×トークでの位置情報の共有
・各タブトップの表示×トークでのShoppin’トークの利用
・音声通話・ビデオ通話の利用×トークでのジフマガの利用
・トークの利用
(テキスト・音声メッセージ・スタンプ・画像・動画・その他ファイルなどの送受信)
×トークのみんなで見る機能によるYouTube閲覧
・トークのみんなで見る機能による画面シェア×Liveの利用
・各トークにおける設定・アルバム・ノートなどの表示・編集×ニュース記事詳細の閲覧
・タイムラインの表示・投稿・シェア×OpenChatの利用
・ディスカバー(写真・動画)の表示×スタンプショップの利用
・ウォレットタブのLINE Payの利用×着せかえショップの利用
・ウォレットタブのLINE家計簿の利用×LINEファミリーサービスの利用(LINEマンガやLINEゲーム、LINE MUSIC、ポイントクラブなど)
・設定および各項目の表示・編集×LINE Liteの利用
・友だち追加画面の表示・各項目の操作・友だちの追加×海外のアプリストアでダウンロードしたLINEの利用
・プロフィールの表示・編集・投稿×他社サイトへの接続
(URLなどをクリック)
・検索の利用×他社アプリへの遷移

「LINEMO」についての詳細記事は下のリンクから飛んでいただければ、詳しく解説していますので、気になった方は是非チェックしてみてください。

■関連記事

LINEMO最新料金プランの解説

コメント

タイトルとURLをコピーしました