【povo2.0最新料金プラン】詳細に解説|基本料金0円プラン唯一無二の存在へ

Androidスマートフォン

KDDIの「povo」の最新料金プランを詳しく解説している記事です。

povo2.0は2021年9月29日から新しいプランに切り替わりました。

povo2.0の一番目につくポイント「基本料金0円」というところです。

必要な部分を補う(トッピング)ようにオプションを付与していくサービスになってます。

2022年7月より楽天モバイルの基本料金0円プランが消滅し最低料金1,078円になりました。

今残っている基本料金0円プランはこのpovo2.0だけになりました。

この唯一残った基本料金0円プランの「povo2.0」のデメリットを詳しく解説していきます。

筆者のこしち、ついにドコモ「ahamo」を契約。実際に契約した手順を解説

■この記事でわかること

povo2.0は基本0円

自分にあったオプションを追加していく運用スタイル

データトッピング(オプション)は6種類

通話トッピング(オプション)は2種類

povoの基本プラン

▲出典:povo公式

KDDIが2021年3月から「povo」という新しいサービスが始まりました。

オンライン限定サービスの「povo」は2021年9月新たに「povo2.0」にバーションアップしました。

のこしち
のこしち

ここ最近スマホ料金も安くなってきましたね。povo2.0は自分の好きなオプションを付けてで使うことができるサービスです。

povo2.0は通話や通信をするサービスで(トッピングしないと最大128kbps速度制限状態)高速データ通信や無料通話などはトッピング(オプション)を付ける必要があります。

povo2.0 トッピングなし実質0円の運用は不可能

まず思いつくのが、基本料金0円での運用は可能か?というところだ。

データ通信はトッピングを購入しなくても128kbpsという低速での利用は可能です。

SMSなど送信する場合、1回3.3円で受信は無料だ。

通話に関しては、30秒あたり22円ですが、こちらからかけなければ当然0円。

着信に関しては勿論0円。

つまりうまく立ち回れば月額0円はいけそうな気がします。

ただし、KDDIもそんな甘い事は許しはしない。

180日間に一度有料なトッピングの購入が必要ということです。

有料トッピングを行わないと自動で「契約解除」「利用停止」となる場合があります。

もしくは通話料やSMS送信料金が660円を超えた場合に限り、トッピングは必要ないとのことでした。

のこしち
のこしち

ずっと0円というわけにはいきませんね。

povo2.0 データトッピングは6種類

有効時間料金
データ使い放題24時間330円
データ追加1GB7日間390円
データ追加3GB30日間990円
データ追加20GB30日間2,700円
データ追加60GB90日間6,490円
データ追加150GB180日間12,980円

6種類のトッピングがあるので、自分にあったデータプランを選べます。

のこしち
のこしち

ドコモのahamoは20GB2,980円なのでpovo2.0で20GBを付けた場合、少し安くなりそう。

povo2.0 通話トッピングは2種類

料金詳細
5分以内通話かけ放題550円/月1回の通話が5分以内の国内通話がかけ放題
通話かけ放題1,650円/月国内通話が24時間かけ放題

トッピングを付けない場合、30秒/22円

のこしち
のこしち

5分以内の通話かけ放題でも案外いけます。

ahamoで実証済み

povo2.0 その他トッピング

コンテンツトッピングとサポートトッピングがあります。

コンテンツトッピング
DAZN7日間 760円
smash.24時間 220円
DAZNはスポーツチャンネルのサブスクで、smash.はエンタメ系サービスです。
サポートトッピング
スマホ故障サポート830円/月

スマホ故障サポートは登録したiPhoneやAndroidスマホが故障、破損、水濡れ(紛失・盗難は対象外)などのトラブルに遭った場合、端末交換を申し込むと最短で当日中(原則は申し込みの翌日)に交換用の端末(新品ではなくリフレッシュ品(新品同等品))を届けてもらえるサポートトッピングです。

※年2回まで(起算日は1回目の交換申込日)端末交換のお申し込みが可能です。
※端末交換のお申し込みは、本トッピング購入の翌月以降かつ製品情報の登録完了後、可能となります。故障や動作不具合など外装破損以外の不具合の場合、チャットでの故障診断が必要です。20~30分ほどお時間をいただきます。 [故障診断受付時間:9:00~20:00(年中無休)]

povo2.0のポイント

povo2.0は以下のポイントがあります。みてみましょう。

月額基本料金は0円

基本0円で運用可能ですが、データ通信速度が128kbpsでかなり遅く、通話も30秒で22円と割と高くついてしまう可能性があります。

また180日間に一度はトッピングもしくは660円以上の通話or通信料が発生しないと強制解約になることもあります。

180日間内にいずれかの課金が必要 課金が確認できない場合は自動停止や契約解除になる可能性あり

・有料トッピングサービスを購入する

・期間内に通話料金or通信料金の合計が660円以上

事務手数料は無料

povoは各事務手数料は無料になります。

・契約・解約時の事務手数料

・MNP転出手数料

通話品質はauと同等で4Gや5Gにも対応している

povo2.0は4Gや5Gに対応したプランになっているため、対応しているスマートフォンはいずれも使用できる可能性があります。

※KDDIが動作確認している端末は確実ですが、動作確認がされていないスマートフォンの場合はその限りではありません。

対応している端末確認はこちらから

テザリングが無料で使用できる

povoのデータ通信はテザリングも無料で使うことができます。

大容量のデータを使う方にとっては便利な機能です。

申し込みは必要なし。

#ギガ活でデータをゲットできる

#ギガ活とは、あることをするとデータを貰えるといったサービスです。

ギガ活の参加費用は無料ですが、事前にエントリーが必要となります。

#ギガ活の参加方法

#ギガ活の参加方法はこちらからどうぞ

au PAY マーケット 体験型サービス

povo2.0のデメリット

デメリットを契約前に確認し理解してから契約しましょう。

デメリット①180日間以上トッピングや660円以上の通話料or通信料を払わないと利用停止後に契約解除

povo2.0の基本料金0円ですが、180日間以上のトッピングや通話料または通信料金が発生しない場合、利用停止後30日経過後契約解除になってしまいます。

もう少し具体的に解説します

利用停止後、30日経過後解除の条件

①最後の有料トッピングの有効期限の翌日から180日の間、有料トッピングの購入がない

②povo2.0SIMを開通した日から180日間有料トッピング購入がない

※ただし、有料トッピングのご購入がない状態でも、上記180日の期間内の従量通話料とSMS送信料の合計額が660円(税込)を超えている場合は、利用停止になりません。

!注意事項

利用停止後30日の間に有料トッピングの購入履歴がないと契約解除になります。

利用停止時や契約解除の際は、povo2.0契約アカウントのメールアドレスまたはSMS宛に

「長期間(180日間)トッピング未購入による利用停止予告」

というメールが届きます。

利用停止になると、データ通信や通話ができなくなってしまいます。

利用停止後復帰する場合、同じアカウント情報は使えません。
再度povo2.0プランをご契約する際は別のメールアドレスを用意してアカウント登録をします。

のこしち
のこしち

利用停止になってしまうと、同じメールアドレスでアカウント登録ができません。

長くpovo2.0を使う予定の方は利用停止にならないよう気をつけましょう。

デメリット②キャリアメールがつかえません

「povo2.0」はキャリアメール(ezweb.ne.jp)が使えません。

povo2.0でメールを使う際は、「Gmail」などフリーメールアドレスを取得する必要があります。

Gmailなど使えるので、慣れている人は全く問題ありません。しかし筆者の両親も同じですが、まったく慣れていない人は、「Gmail」導入だけでも骨が折れる作業となります。

このようにフリーメールなどわからない方は、難しいんじゃないかと思います。

キャリアメールを使っている方は、既存のキャリアを解約するとキャリアメールも使えなくなるので、解約前に新しいメールアドレスの登録が必要となる場合があるので、検討中の方は気を付けましょう。

デメリット③LINEのID検索ができない

povo2.0はLINEの年齢認証に対応していないため、LINEのID検索が不可能です。

  • ID設定
  • ID検索
  • 電話番号を利用した友だち検索
デメリット③サポート関連が不親切

オンライン専用契約のため、povo2.0の窓口がありません。もちろんauショップやUQモバイルでのサポートは受けられません。

povo2.0の公式サイトのチャットからで問い合わせる形になります。

povo2.0サポートはこちら(公式)

④スマートフォン本体の販売がない|自分で用意する必要あり

「povo」ではスマートフォンの本体(端末)の販売はありません。

そのため自分でスマートフォン本体を用意する必要があります。

ご自身でスマートフォンを用意することになりますが、その場合2つの選択肢になります。

①今まで使っていたスマートフォンを使う

②新品や中古のスマートフォンを購入する

①の方の場合、今まで使っていたスマートフォン自体はそのまま使用できますが、ただしSIMロック解除が必要な場合があります。

今まで使っていたスマートフォンでSIMロック解除が必要な場合

・ソフトバンク・au・ドコモで購入した端末はSIMロックされているのでSIMロック解除が必要です。

※povoはauの端末ならSIMロック解除は必要ありません。ソフトバンクスマートフォンの場合、同じソフトバンク系の「LINEMO」であってもSIMロック解除が必要です。キャリアによっては対応が違いますね。

・iPhoneはAppleStoreで購入した場合は、最初からSIMフリーなのでそのままSIMを指せば使えます。

★これから新品か中古のスマートフォンを購入する場合

②の場合は、SIMフリーのスマートフォンを購入するか、中古で購入した場合は、SIMロック解除を行います。

iPhoneはAppleStoreで新品を購入すれば、最初からSIMフリーなので特に面倒なことはありません。中古iPhoneの場合は、SIMフリーやSIMロックされているものがあるので、購入の際は注意が必要です。

auやUQモバイルでスマートフォンを購入しよう!

■auオンラインショップでiPhone12や新しいスマートフォンを探す

■UQモバイルでiPhoneが買えます!

povo2.0のまとめ|自分でデータプランを考えて使える人向け

自分でデータ管理し、必要なトッピングを選んでいけば、格安SIMの中でもかなり安く使えます。

povo 2.0は基本料金が0円です。自宅でのWi-Fiをメインに使う方は、回線維持のため180日に1チドだけトッピングを購入し、普段は自宅Wi-Fiで運用すればかなり安くできます。

ヘビーユーザーは150GBを購入して使えば、ahamoやLINEMOと比べても安く運用できます。

スマホをたくさん使う場合は、150GBをチャージすれば、ahamoやLINEMOよりも安くたくさん使えます。

自分でトッピングを上手に使いこなせれる方であれば、povo2.0がおすすめでしょう。

楽天モバイル最新料金プランを解説。筆者も実際に契約してみました。契約の流れを詳しく解説

コメント

タイトルとURLをコピーしました