iPhone(iOS)とAndroidの違いを解説します

スポンサーリンク
Androidスマートフォン

今回はiPhoneとAndroidの違いを解説していきます。

両親に説明する事になったので、ついでに記事にしてみました。

この記事を元に両親へ説明しようと思ってます。気になっている方は是非参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

iPhoneとAndroidとは

iPhoneとは、Apple社が作ったスマートフォンが「iPhone」

AndroidとはGoogle社が作ったOSの名前が「Android」です。

OSとはスマートフォンを動かすソフトの事を指します。

iPhoneのOSは「iOS」といいます。

つまり「iPhone」とはスマートフォンの機種名の事で「Android」というのはソフトを動かすOSということです。

とてもわかりにくいですよね💦

「Android」は色々な会社が使えるため、各社独自でスマートフォン製作し「Android」というOSを乗せてを発売してます。

iPhoneはApple社でしか提供できません。

iPhoneAndroid
OSiOSAndroid
会社Apple社のみSONY(Xperia)
Samsung(Galaxy)
SHARP(AQUOS)など

■ここまでのまとめ

・iPhoneはスマートフォン本体のことを指すが、AndroidはOS(スマートフォンを動かすソフト)のこと

・iPhoneはApple社が製作し独自のOS(iOS)をiPhoneのみに使用

iPhoneのOSサポート期間について詳しく解説

iPhoneの特長 

▲iPhone

iPhoneの特長を具体的に解説します。

iPhoneの特長
  • iPhoneは新型が発売されても殆ど操作が変わらないため惑わない
  • セキュリティが堅牢
  • 操作がシンプルで簡単
  • 日本では5割近くの人がiPhoneを使っている(2021年)ゆえに人に聞きやすい
新型iPhoneに買い換えても操作が変わらないため惑わない

iPhoneからiPhoneへ買い換えても操作がほとんど変わらないため惑うことが少ないです。

厳密にいえば新機能など追加された場合は、新しい操作がありますが殆ど迷うことなく使うことができます。

セキュリティが堅牢

Androidのスマートフォンと比較した場合、iPhoneのセキュリティは堅牢と認識されています。

iPhoneは3つのセキュリティ対策を行っているからです。

①iOSのサンドボックス

万が一の事態が発生した場合でも、その発生したエリア外には影響が出ないような仕組みになっているからです。

iPhone内部の隔離された環境で実行しているアプリは他のアプリと通信したりできなくなっている。

②App Storeの審査が厳しい

iPhoneでアプリをダウンロードする場所がApp Storeといいます。

そのApp Storeでアプリを販売するためには厳しい審査を受ける必要があります。

その厳しい審査に合格したアプリが販売されているため、脆弱性が高いアプリが出回りにくくなってます(それでも怪しいアプリもありますが)

③アプリはApp Store経由でしかダウンロードできない

iOS14.5以降は厳格化されよりセキュリティレベルが向上しています。

偽セキュリティ警告に注意

iPhoneのセキュリティは堅牢とはいえ、それらの心理を利用したフェイクアラートがあります。

上の画像のような偽セキュリティが一つの例ですが、いかにもGoogleからのアラートに見えますが、実はこれも偽セキュリティで「今すぐ修復」を押させるような工夫がされています。

この悪質な偽アラートですが、一度表示されてしまうと「戻る」が使えません。「戻る」をクリックしてもまたこの偽セキュリティが表示され続けます。

「戻る」が使えないので「今すぐ修復」ボタンに助けを求めてしまう仕組みになってます。

この場合の対応ですが、ウェブブラウザ―の「タブ」を開いてタブごと消してしまえば大丈夫です。

Androidの特長

▲Xperia1III

Androidの特長を具体的に解説します。

Androidの特長
  • 安い機種が多い
  • アイコンの位置などカスタマイズできる
  • SDカードが使える機種もある
  • 色々な会社から発売されているため、予算や好みで購入できる。
  • 機種によって使い方が変わる事が多い

安い機種が多い

Android端末は安い機種が多くあります。

グラフィックが綺麗で高付加がかかるゲームや高機能なカメラ機能が搭載された機種は高いのですが、メールや電話くらいしか使わない方は安い機種でも大丈夫です。

楽天モバイルならOPPO A73 が15,003円から

値段が高い機種と安い機種の違い

値段が高い機種は基本的に高性能です。もちろん値段が高ければいいというわけではないですが、今回は割愛します。

値段が安い機種は一般的には性能が劣ります。具体的には負荷がかかるゲームを遊ぶともっさりしてしまったり止まってしまったりします。カメラ性能も値段が高い機種より劣ってしまいます。具体的には画質や動画性能が違います。

つまりそんなにゲームで遊ばないし、写真や動画なんて撮らない方は値段の安い機種で問題ないと思います。

アイコンの位置などカスタマイズできる

Androidはアプリのアイコンの位置を好きな場所に移動できます。iPhoneは好きなところに配置できません。

SDカードが使える(機種による)

SDカードを使える機種は、かなりお得。ストレージ容量が少なくてもSDカードへ移せるからです。

AndroidでもSDカードが使えない機種もあるので購入する際は気を付けましょう。

機種によって使い方が違う

Androidの機種は色々な会社から発売されていて、会社ごとの使い方やアイコンが違います。

機種変の時、違う会社のAndroid機種を購入すると使い方に戸惑う場合があります。一番多いのはアイコンの模様が違うため戸惑います。

▲Xperia 
▲galaxy

XperiaとGalaxyを比べてみましたが、Googleやフェイスブックなど有名どころアプリならわかりやすいですが、カメラのアイコンは全くちがうので機種変して初めて使うときは戸惑う可能性が高いですね。

iPhoneとAndroidのシェア率

日本と世界ではどのくらいiPhoneとAndroidが使われているんでしょうか?下の表でまとめてみました。

こうしてみると、日本ではiPhoneが良く売れていて、世界でみるとAndroidのシェアが高い事がわかります。

グローバル視点で見るとAndroidスマートフォンが市場を作ってます。

iPhoneは値段も高いため、Android端末が売れているという面もあります。

主にインドや中国、韓国など中東アジア圏、ヨーロッパでも人気があります。中国では近年アメリカとの関係悪化からGoogleが使えないため独自規格のOSが採用されています。

iPhoneとAndroidはどちらがおススメか

■iPhone

・圧倒的に初心者におすすめ

・ケースなどアイテムが豊富

・セキュリティが高いため安全

・持っている人も多く操作が分からないときは人に聞きやすい

・インターネットやYouTubeなど情報量が多い

■Android

・機種代を安く済ませたい

・アイコンの位置など色々カスタマイズしたい方

・iPhone以外を使いたい

iPhoneやAndroid端末が購入できるサイト

CHECK!

スポンサーリンク
この記事を書いた人
のこしち

のこぶろ-NokoBLOG-管理人「のこしち」です。
スマホ料金に詳しいガジェット好き/スマートフォン/生活用品など割と雑記ブログ的な感じに執筆中。

のこしちをフォローする
AndroidスマートフォンAppleiPhoneガジェット
スポンサーリンク
のこしちをフォローする
NokoBLOG

コメント

タイトルとURLをコピーしました