次期iPhone13情報のまとめ。Lightningケーブルは継続か廃止

スポンサーリンク
iPhone
のこしち
のこしち

iPhone12シリーズも無事発売、M1チップ搭載のMacBookの発売も終わり、今年のApple関係の発売も一段落。

来年もiPhoneが発売されますが、早くもiPhone13とされる情報も入ってきたので、まとめました。

今年のiPhone12シリーズはデザインも大きく変わり、iPhone12miniなど小さい端末も衝撃的でした。あの小さい端末で、Proモデルと大きく違わない性能は「すごい!」の一言です。もちろんProモデルはもっと凄かったです。

来年も次期iPhoneを始め、様々なアップル製品が発売されます。

今回は2021年に発売されるであろう、iPhone13とアップル製品について書いていこうと思います。

スポンサーリンク

AirPodsStudio

結局出るぞ!出るぞ!と言われた2020年。結局発売されませんでしたね~残念。

開発段階でトラブルが発生したとのことで、なんでもヘッドバンドが固くなっているらしく、締め付けがきついとのこと。製品自体の強度も関係するので、2020年は見送りという形になりました。

個人的にはずっと待っている商品なので、じっくり待ちたいと思ってます。

昨年爆発的に人気の出たAirPodsProは現在安定供給されていますね。こちらを使って発売を待ちます。

iPad Pro MiniLEDモデル

今年はiPadAirが発売されました、今回のAirは既存のiPadProに勝るとも劣らないiPadとなりました。ありていに言えば、iPadProの立つ瀬がないくらいの性能です。

第二世代のApplepencilも使えるので、ほぼiPadProと言っても良いくらいの出来じゃないでしょうか?

しかし個人的にはリフレッシュレートが60Hzという部分が残念ですが、(Proは120Hz)使った感じはそんなに違いは感じませんでした。

来年発売が噂されているiPadProですが、MiniLEDが搭載される予定です。

このMiniLEDですが「液晶」「有機EL」に続く第三のディスプレイとされているものです。

このMiniLEDはマイクロLEDとも言われたりします。

説明すると1記事書けるくらいなのでここでは割愛しますが、簡単に言えば画素を構成するR・G・B(赤)(緑)(青)を、それぞれの色のLEDで発光させる仕組みです。

そもそもLEDは高輝度化に向いており、寿命も長いなど。光源としてのポテンシャルが高く、また、波長に鋭いピーク特性を持ち色の純度も高めやすいなど、ディスプレイ向きのデバイスということです。

ディスプレイも期待してますが、何と言っても今年のMacBookでも使用されたM1チップのベースとなるA14XBionicチップが搭載される予定です。今回のMacBookの性能を見ると半端ない感じがします。

iPadProで4k動画など編集が出来るくらいのスペックになるんじゃないかと思います。

いよいよiPadで動画編集の時代がやってくるのでしょうか。

個人的にはMacでの編集に慣れてしまっているのでMacですが、iPadでも編集できるならやってみたいものです。

iPadminiも発売されると思いますが、まだ詳しい情報が出てませんがこちらもMiniLED搭載がされるんじゃないかと噂がありますが、はたしてどうなんでしょうか。

初代のiPadminiを購入しましたが、それ以来購入してませんね。

最近iPhoneも巨大化してきたので、miniとかぶってしまう印象です。

iPhoneとサイズが近づいた今、miniの立ち位置が気になるところです。

AirTags

紛失防止機能の「Airtags」ですが、これも出る出る詐欺というか中々発売されませんね。Appleとしてはそんなに難しい機能とは思いませんがどうなんでしょうかね。

どうやら充電式ではなく電池交換式になるようです。

こういった商品は既に出回っている感じがしますが、Appleとしての差別化はどうなんでしょうか気になるところです。

今売っている紛失防止機能が付いた商品は割と安価だと思います。

iPhone13の噂 120HzやLightning継続の噂など

iPhone12シリーズが発売されてばかりですが、次期モデルiPhone13の情報が断片的ですが出てきたので書いていきます。

ラインアップは4種類

まず、iPhone13シリーズはiPhone12シリーズと同じく4つのモデルで発売されているとされています。

5.4インチサイズも継続して販売されることがわかりました。

これは個人的にうれしい情報です。あのサイズ感でProモデルと遜色のないパワーが魅力的でした。iPhone13も5.4インチサイズのコンパクトモデルがあるのは良いですね。

昨今のスマートフォンは巨大化の道を辿っていますからね!個人的には大きいスマートフォンは好物ですが。

ベゼルはこれ以上細くならず、ノッチスタイルも継承

ベゼルはこれ以上細くするのは技術的に難しく、iPhone12と同じく継続されます。

ディスプレイも同じラインナップになります。

ノッチスタイルは残念ながらそのまま継承します。しかしノッチのサイズは縮小され横幅はそのままで、縦のノッチ幅は短くなるそうです。

ディスプレイに埋め込みも検討されましたが、現行と同じ若しくは向上されるには光量が不足してしまい、明るく撮れなくなるため断念したとされています。

カメラの機能に影響を及ぼすためiPhone13でもノッチスタイルは継承となりそうです。

ディスプレイは120Hzに。しかしProモデルだけ。

DSCCのロス・ヤング氏によるとiPhone13にはPromotionテクノロジーが搭載され120Hzのリフレッシュレートになります。だだしProモデルのみ採用とのこと。

Proモデルとの差別化には良い材料じゃないかと思います。

カメラはProモデル3眼 通常モデルは2眼 つまりiPhone12と同じ構成

次期iPhone13もiPhone12と同じ数のレンズを搭載します。

Proモデルは3眼で通常モデルは2眼となります。

ただし通常モデルのカメラセンサーはiPhone12ProMaxと同じ大型のセンサーが搭載されることになりました。

13Proシリーズには現行のiPhone12ProMaxより大きいカメラセンサーが搭載され、より明るく綺麗な写真が撮影できるようになるとのことです。

カメラの解像度に関してはまだ情報はありません。しかしセンサーサイズが大きくなるということでカメラ性能の性能アップは例年通り期待できるでしょう。

iPhone11ProモデルとiPhone12ProMaxモデルの画質を比べれば差はありましたが、期待していたよりは差がなかったと個人的には感じました。次期モデルはどのくらい画質が向上するか期待してしまいます。この期待感で一年持ってしまいますからね!

端子は残念ながらiPhone12と同様Lightningが採用される若しくはレス化

今のところ残念ながらiPhone13も12と同様Lightning端子が採用されるらしいです。

Appleのリーカージョン・プロッサーさんの情報です。

これは残念ですし、「またかよ」「USB-Cで統一してくれ」といった声が上がると思いますが、ここは来年までに方針が変わってほしいところです。

もう一つの可能性として端子レス化になるかも?ということがありました。

その布石としてMagSafeが今回発売されてことも端子レス化の布石ではないかという見方もあります。

ただし4モデル中、一つのモデルのみ端子レス化になるという情報もあります。

個人的にはMagSafeなどワイヤレス充電で行っていることが非常に多いので、端子レスになっても問題はないんですが、ただ気になるのは充電時間なんですよね。

MagSafeは15Wなので、充電時間短縮のためにはもう少し大きい出力がいいんですよね。

でもワイヤレスは断然楽なので、導入していない方は是非検討してみてください。

今の段階での情報は以上です。

まだまだ先の話ですが、次期モデル発売時期が近くなってくるともっと沢山の情報であふれると思いますので楽しみに待ちましょう。

のこしち
のこしち

また新しい情報が出てきたら、記事にしますので良かったらちょくちょくチェックしにきてくださいね。ではありがとうございました。

NokoBLOGのこぶろ最新記事はこちらからどうぞ

スポンサーリンク
この記事を書いた人
のこしち

のこぶろ-NokoBLOG-管理人「のこしち」です。
スマホ料金に詳しいガジェット好き/スマートフォン/生活用品など割と雑記ブログ的な感じに執筆中。

のこしちをフォローする
iPhone
スポンサーリンク
のこしちをフォローする
NokoBLOG

コメント

タイトルとURLをコピーしました