ソフトバンク新ブランド「SoftBank on LINE」発表。ソフトバンクブランドの値下げなし

スマホ料金プラン

ソフトバンクは12月22日に新サービスを発表しました。

「SoftBank on LINE」

一応ソフトバンクとついてますが、いわゆるサブブランドとなっております。

これは先日ドコモから発表されたahamoに対抗するプランという位置づけになります。

SoftBank on LINE

新しいブランドという形で発表された「Softbank on LINE」のサービスを見ていきましょう。

■月額

2,980円

■データ通信料

20GB/月 LINEはカウントフリー データ超過時1Mbpsに

500円/1GB 追加可能

■音声通話

5分/無料 5分間まで無料で5分以内に一度切って掛けなおせば無料で運用可能

■開始時期

2021年3月スタート予定

ドコモと違い、サブブランドとして立ち上げたソフトバンク

LINEと提携し新しいブランドとして立ち上げました。

ソフトバンクの名はついてますが、ソフトバンクの割引は使用できないので注意が必要です。

事務手数料など不要になり、オンラインだけの申し込みとなります。この辺りはahamoと同じコンセプトだと思います。

あと、キャリアメールが使用できませんのでこちらは従来のMVNOと同じです。

ソフトバンクはY!mobileとSoftBank on LINEと3つのブランドを運用することとなりました。

SoftBank on LINEとahamo、Rakuten UN-LIMITと比較

こうして比べると各社一線に並んできましたね。今後KDDIのauも同じラインに入ってくると思います。はたしてauはサブブランドになるのかどうか。

筆者は楽天モバイルも契約してみたので、参考にしたい方は記事読んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました