日本通信からドコモ対抗プラン「SSDプラン(仮)」発表 月額1,980円20GB/通話70分/月

スマホ料金プラン
のこしち
のこしち

日本通信からドコモ対抗プランとして格安simが発表されました。

なかなかのストレートな表現です。しかしかなり魅力的なプランなのでご紹介します。

日本通信sim公式サイト

SSDプラン(仮)月額1,980円20GB通話70分/月

日本通信は「SSDプラン」(仮)ドコモ対抗プランを発表されました。

日本通信のHPにもしっかりドコモ対抗プランと記載されているのが面白い。

12月10日より提供されますが、注意点として12月10日からは16GBが上限という部分です。20GBに増量されるのはドコモの「ahamo」がスタートする月なのかスタート日から換算されるかは未定。

とにかくスタート当初は16GBなので注意

月額1,980円で16GB(20GB)まで使用できます。16GB(20GB)を超えると1GB250円を使用した分だけ課金される「おかわり課金」ですが、上限を16GB~30GBの間で設定できるのでパケ死する心配はないということでしょうか。

通話は月70分制限で70分の超過後は30秒/10円で専用アプリは必要なし。

合理的な料金プラン

携帯業界では収益の源である「breakage(ブレケッジ)」にあります。

brekageとは

ブレケッジとは、お客様が契約する料金プランにおいて、必要以上の容量(データ量あるいは通話時間)を契約し、実際には相当量を残すケース、また逆に、契約する容量が不足することで高額な超過料金が発生するケースにより、携帯キャリアにとっては「収益性が高い料金」になるものです。

しかしこれは同時にお客様にとっては、無駄あるいは割高な料金を支払っていることを意味しています。

souece:日本通信HP

ユーザーにとっては無駄で高額な両君を支払っていることになっているので、このブレケッジの問題に取り組んだ結果、ユーザーにとって合理的な料金プランの提供ができるというわけです。

日本通信b-mobile

総務省が協力に進めるMVNO支援策のおかげ

6月30日に下された総務大臣裁定により、データ通信や音声通話両方ともMNO原価ベースで調達できるようになり、こういった政府や総務省が進めるMVNO支援策のおかげで携帯料金の価格競争に対応できる環境が整ってきたということを日本通信社長福田氏が会見で話をしておりました。

こういった価格競争は今後激化していくので、どんなプランが増えてくるか期待できますね。

その一石を投じたドコモの「ahamo」は良かったと思います。

3台キャリアとSSDプランの比較

SSDプランと国内3大キャリア、ドコモ・au・ソフトバンクとの料金を比較したので参考にしてください。

完全にUQやYモバイルとの差がつきましたね。今後の料金プランはどうなるんでしょうかね。

日本通信b-bolileはこちら

3大キャリアに加え、UQ-mobileやY!mobile、楽天モバイルがどういった対抗プランを出していくかなど色々と気になるところはありますね。

今後色々なプランが出てきますので、検証などしていきたいと思います。

まずは速報ベースでの記事でした。また読みに来てくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました