【iPhone12もeSIM対応してます】総務省携帯電話値下げに向けてeSIM普及へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Androidスマートフォン
スポンサーリンク

総務省が、携帯電話料金の値下げに向けて、「eSIM」普及へ進めていくことになりました。

eSIMにすると乗り換えが簡単になるので、是非進めていただきたい政策ですね。

スポンサーリンク

eSIMとは

eSIMとは

読み方はイーシムで、スマートフォンに内蔵された取り外しができないSIMです。

eSIMにプロファイルをダウンロードして書き込むことで、電話やインターネットなど利用できるようになります。

eSIMのメリットデメリット

eSIMにするメリットやデメリットがありますが、個人的にはあまりデメリットに感じる部分は少ないように感じます。

メリット

物理的なSIMが必要なくなるため、簡単に乗り換えができるようになります。

SIMを郵送してもらう手間や、SIMを受け取りに携帯ショップへ行くことがなくなることもメリットですね。

デメリット

事前にSIMロック解除が必要になりますが、現在ではインターネットでSIMロック解除ができるようになってます。

国内ではIIJmioと楽天モバイルの2社しかない。

今回総務省がeSIMをすすめていく政策になったので、ドコモ・au・ソフトバンクでも使用できるようになれば、デメリットは減りますね。

iPhone12シリーズはeSIMに対応しています。

iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR 以降は、nano-SIM と eSIM を使ったデュアル SIM に対応しています。1 eSIM はデジタル SIM なので、物理的な nano-SIM を使うことなく、通信事業者 (キャリア) のモバイル通信プランをアクティベートすることができます。

出典:Apple公式

Apple公式サイトで確認できますが、対応してます。

iPhone12は楽天モバイルが使えるか?

物理SIMとeSIMのデュアルSIM状態にすると、両方5Gが接続できなくなる仕様です。

つまり、片方は4G、もう片方は5Gno待ち受けにした使い方はできないという事です。

今後のアップデートに期待するしかありませんね。

課題はあるものの、5Gに繋がればしっかり速度が出るという事です。

今後、なんちゃって5Gエリアでも加速的に増えていく予定なので、楽天モバイルでも大丈夫だと思います。ちなみに4Gでも使えます。

souece:engadget

Amazon | 本, ファッション, 家電から食品まで | アマゾン
Amazon.co.jp 公式サイト。アマゾンで本, 日用品, ファッション, 食品, ベビー用品, カー用品ほか一億種の商品をいつでもお安く。通常配送無料(一部を除く)

コメント

タイトルとURLをコピーしました